未払い残業代請求は”今”がしやすい時期です / サービス残業代は請求する法的権利があります 未払い残業代請求・回収ナビ

未払い残業代請求は”今”がしやすい時期です

残業代バブル・増える残業代請求ビジネス

最近「弁護士等の法律の専門家が、従業員に代わって未払いの残業代を請求してくれる」ビジネスが急激に増加しています。専門的な知識がなくても、交渉が苦手でも、専門家に依頼すれば残業代請求ができます。

残業代請求は、遡って請求できる期間が”最大で”過去2年間分と、交渉によって請求できる金額が大きく違う場合があります。法的な知識と交渉力のある専門家に依頼すると請求金額が大きくなることが多いようです。成果報酬なら回収できる残業代が多くなれば多くなるほど報酬も大きくなり、専門家にもおいしいビジネスのため、法律事務所などの専門家による「残業代請求ビジネス」は徐々に広がりを見せています。

それによって未払い残業代の請求がしやすくなる反面、企業側が未払い残業代のリスクを認識し、その対策に力を入れ始めると、請求できる金額が大きく減少してしまう可能性があります。

会社が残業代請求対策をしていない今がチャンス

未払い残業代を請求する際は、最大2年分過去に遡って請求できますが、会社がしっかりと就業規則などで残業代請求対策をしていると、遡って請求できる期間も短くなってしまうことがあります。それに伴い、付加金も請求額が減ってしまったり付加金自体請求ができなかったりするケースもあるため、請求する会社が対策をする前に行動を起こすほうが有利です。

残業代請求が増えるに従い、対策をする会社も増えてきます

残業代請求対策は、現時点ではまだまだ対策ができていない会社も多いですが、請求されてしまうと会社はかなりの痛手を受けます。そのため残業代請求が増えるに従って会社側も徐々に対策に乗り出すことが考えられます。

サービス残業代は払わなくても良いと思っていた社長が、「未払いの残業代は2年分遡って請求できます!」などという広告を見たら、それを従業員に知られたらと思ったらどうするでしょうか。早急に対策を急ぐことでしょう。

企業向けの残業代請求対策のサイトなども徐々にできてきています

残業代の請求を促す広告や、サービス残業請求関連のサイトなどが増えてくるにつれて、残業代請求から企業を守るための社会保険労務士などの残業代請求対策をうたったサイトなども増えてきています。

経営者、特に中小企業の経営者は、労働法に関する知識があまりないのが現実で、残業代請求に対して法的に無防備な会社が多いですが、今後はこの状況も徐々に変わってくるかもしれません。 2010年4月には労働基準法の改正もあり、意識が変わる会社も増えてきています。

とはいえ、まだまだ無防備な会社が多いのが現状

社員を10人以上雇っている会社では就業規則を作成することが義務づけられていますが、未だに就業規則を作成していない会社もあります。就業規則はあるけど法律改正に対応できていないなど、未整備な就業規則の会社もあります。 そういった、残業代請求に対して無防備な会社はまだまだたくさんあります。あなたの勤めている会社、もしくは過去に勤めていた会社はどうでしょうか?

残業代を請求する前に専門家に相談を

残業代請求は、対策ができている企業とできていない企業では請求できる金額が大きく異なる場合があります。また、会社側にうまく言いくるめられてしまったり、交渉のしかたで請求できる金額が大きく違うことも多いため、法的な知識のある専門家に相談することをおすすめします。

 

請求の仕方で回収できる残業代は大きく違うことをご存知ですか? ⇒サービス残業代請求方法

サービス残業代請求方法

【未払い残業代回収ノウハウ】 無料メールマガジン登録
メールアドレス:
名前:
Powered By MTSプロ
【内容の一部】
・残業代を得る、4つの武器
・残業代の計算方法
・残業代請求に必要な書類
・内容証明郵便の書き方
このページをお気に入り・ブックマークに登録 ⇒  twitterでつぶやく ⇒ twitter

Copyright © 2010 未払い残業代請求・回収ナビ All rights reserved.