転職時・退職時は未払い残業代請求のチャンス / サービス残業代は請求する法的権利があります 未払い残業代請求・回収ナビ

転職時・退職時は未払い残業代請求のチャンス

転職時・退職時は未払いの残業代を一気に請求するチャンスです

サービス残業をさせられているような会社の場合、未払いの残業代がたまってきていても、「会社の人間関係があるから言いにくい」ということもあると思います。これから先も勤める会社なら、人間関係を悪くしたくないというのはよくわかります。

法律では残業代を請求すれば自分が勝てるのが分かっているけど、人間関係があるし、この先も勤めることを考えると言いにくい。そんな方も多くいるようです。

そういった不満を抱えている人が一気に過去に遡って残業代請求をするチャンスが、転職・退職時です。

退職時、もしくは退職後に一気に残業代を請求する

残業代請求は思ったより金額が大きいものです。
残業代請求金額の目安を見ればわかるように、百万円を超える金額になることはざらにあります。

未払いの残業代は過去2年間分まで遡って請求できるので、残業代請求の相談をする方は転職時や退職時に残業代を請求するというケースが非常に多いです。

ただ、その場合に一点注意があります。事前にいろいろと準備をしておくという事です。残業代の証拠になるタイムカードのコピーをとっておいたりといった、会社にいる間にできることはしっかりとやっておくことです。

残業代請求は、やり方や交渉次第で請求できる金額が大きく違ってきます。
自分でやることもできますが、その場合は会社にうまく言いくるめられないようにして下さい。

専門家に依頼をすればかなりの金額がかかりますが、それでも交渉などはうまく進めてくれるでしょう。もし自分でするのであれば、効果的なサービス残業代請求方法のような知識はつけておくべきです。

すでに退職した場合

すでに退職した後でも、残業代の未払い分があれば過去2年分まで遡って請求できます。

転職をしたことがある方、会社を辞めた方、前の職場でサービス残業をさせられていませんでしたか?
転職後・退職後でも、2年経過していなければ、2年前の分までは未払いの残業代を請求できます。前の勤務先でサービス残業をさせらていたり、未払いの残業代があった方は専門家に相談してみて下さい。

 

請求の仕方で回収できる残業代は大きく違うことをご存知ですか? ⇒サービス残業代請求方法

サービス残業代請求方法

【未払い残業代回収ノウハウ】 無料メールマガジン登録
メールアドレス:
名前:
Powered By MTSプロ
【内容の一部】
・残業代を得る、4つの武器
・残業代の計算方法
・残業代請求に必要な書類
・内容証明郵便の書き方
このページをお気に入り・ブックマークに登録 ⇒  twitterでつぶやく ⇒ twitter

Copyright © 2010 未払い残業代請求・回収ナビ All rights reserved.