年俸制だから残業代は払えないと言われた 残業代に関するよくある間違い / サービス残業代は請求する法的権利があります 未払い残業代請求・回収ナビ

年俸制だから残業代は払えないと言われた

「年俸制だから残業代なんてありませんよ」

年俸制の場合は残業代は支払う必要はない。なぜかそのように思っている経営者が多いようですが、年俸制だろうが規定を超えた時間の労働をするなら法律上は残業代は支払ってもらえます。

年俸制でも規定の時間を越えた労働をするなら残業代は支払ってもらえます

年俸制であっても、実際の労働時間が1日8時間、週40時間を超えた労働時間に対しては、法律上残業代を支払う必要があります。

会社によっては、年俸制にあらかじめ一定額の残業手当を支払うことにして年俸額を算定する方法をとっている場合もあります。

年俸制に一定の残業手当が入っている場合

年俸制にあらかじめ一定の割増賃金を含めるには、以下のような条件が必要です。

  • 労働契約に、年俸に時間外労働等の割増賃金が含まれていることが明示されていること
  • 通常の労働時間の賃金と時間外割増賃金とが区別されていること
  • 年俸に含められた割増賃金は時間外労働の何時間分なのかが明示されていること
  • 割増賃金部分が法律で定められた割増賃金以上であること

これらの条件が満たされていない場合は、違法になります。
また、実際の残業時間があらかじめ決められた時間を超えた場合には、超えた時間分の残業代に関しては支払ってもらうことができます。

年俸制でも残業代は支払ってもらえます

「年俸制だから残業代は出ないもの」と思い込んであきらめていませんか?
正しい知識があれば、そんなウソに惑わされなくてすみます。

当たり前と思っていることでも、実は法律では認められていないことは意外とあるものです。年俸制だからとあきらめず、規定時間外の労働をしたのであれば残業代は請求できる可能性があります。もし、年俸制だからと残業代を支払ってもらえないのであれば、一度専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

 

請求の仕方で回収できる残業代は大きく違うことをご存知ですか? ⇒サービス残業代請求方法

サービス残業代請求方法

【未払い残業代回収ノウハウ】 無料メールマガジン登録
メールアドレス:
名前:
Powered By MTSプロ
【内容の一部】
・残業代を得る、4つの武器
・残業代の計算方法
・残業代請求に必要な書類
・内容証明郵便の書き方
このページをお気に入り・ブックマークに登録 ⇒  twitterでつぶやく ⇒ twitter

Copyright © 2010 未払い残業代請求・回収ナビ All rights reserved.