自発的な残業に残業代は払えないと言われた 残業代に関するよくある間違い / サービス残業代は請求する法的権利があります 未払い残業代請求・回収ナビ

自発的な残業に残業代は払えないと言われた

「あなたが自発的に残業してたんでしょう。指示されずに勝手にやった残業代なんて払えませんよ」

まず最初に、指示されていなくても、規定の時間を超えた時間労働をしたなら残業代を払ってもらう権利はあります。そのうえで「勝手にやっておいて勝手に請求するな」というような言い分は気持ちのよいものではありませんので、自発的な残業に関する法的な解釈を解説します。

自発的に残業を行っている場合でも、使用者がその自発的残業を知りながら中止させずに残業をさせていた場合は、その自発的な残業を容認したことになります。見て見ぬフリはできないということです。

指示はされないものの、残業をせざるをえない雰囲気

残業するよう指示されていなくても、残業をしなければとても終わらないような仕事量を与えられたり、職場の雰囲気が残業をせざるを得ないような雰囲気のこともあります。

このように、その場の雰囲気が残業をせざるを得ないような状況にあったと認められれば、「黙認の指示による時間外労働」と認められます。このような職場、多いですよね。

自発的な残業でも、規定の時間を超えた時間労働をしたなら残業代を払ってもらう権利はありますので、支払われていない未払い残業代があれば一度専門家に相談してみてはいかがでしょうか?

 

請求の仕方で回収できる残業代は大きく違うことをご存知ですか? ⇒サービス残業代請求方法

サービス残業代請求方法

【未払い残業代回収ノウハウ】 無料メールマガジン登録
メールアドレス:
名前:
Powered By MTSプロ
【内容の一部】
・残業代を得る、4つの武器
・残業代の計算方法
・残業代請求に必要な書類
・内容証明郵便の書き方
このページをお気に入り・ブックマークに登録 ⇒  twitterでつぶやく ⇒ twitter

Copyright © 2010 未払い残業代請求・回収ナビ All rights reserved.