未払い残業代の計算方法 / サービス残業代は請求する法的権利があります 未払い残業代請求・回収ナビ

未払い残業代の計算方法

あなたの未払い残業代はどのくらい?

残業代請求をするにしても、まずはどのくらい未払い残業代があるかを知りたいと思います。

そこで、残業代の計算方法を記載しようと思いますが、これを読んでいる方の多くはおそらく正確な計算式よりも、まず「自分の未払い残業代はだいたいどのくらいあるのか」をざっくり知りたいと思います。

細かい正確な計算式は後に記載しますが、それにはタイムカードなどから正確な時間を計算する必要がありますので、まずおおまかな残業代の金額を知りたいという方は、こちらのサイトの未払い残業代計算プログラムを使ってみて下さい。

未払い残業代の計算式

先ほど紹介したサイトの計算でおおまかな残業代の金額はわかりましたでしょうか?
ここから先は細かく具体的な計算方法を記載します。

■残業時間の計算
まず、タイムカードなどから実際の労働時間を計算し、法定労働時間を引いて時間外労働の時間を計算します。
タイムカードは分単位で打刻されているので、分単位で計算した合計時間に対して残業代を請求することができます。

※午後10時以降の時間は割増率が高くなるので、別途分かるようにしておきましょう。
※就業規則の規定などで、給料に一定の残業代が含まれている場合などもありますので、その場合はそれらの分を残業時間から引きます。

■基礎単価の計算
給与の基礎単価を計算します。

  日給制の場合 ・・・ 基礎単価 = (1日の給与÷1日の所定労働時間)
  月給制の場合 ・・・ 基礎単価 = (基本給などの諸手当÷1ヶ月の所定労働時間)

■賃金割増率をかける
割増率をかけて残業代を計算します。

労働の種類 賃金割増率
時間外労働
(法定労働時間を超えた場合)
25%割り増し
深夜労働
(午後10時から午前5時までに労働した場合)
25%割り増し
休日労働 35%割り増し
時間外労働+深夜労働 50%割り増し
休日労働+深夜労働 60%割り増し

■実際に支払われた残業代を引く
実際に支払われた残業代を引けば、未払い分の残業代が出ます。

このように出した未払いの残業代を元に、会社に請求をしていきます。

>> 残業代請求方法
>> 残業代請求をプロに依頼・相談する

 

請求の仕方で回収できる残業代は大きく違うことをご存知ですか? ⇒サービス残業代請求方法

サービス残業代請求方法

【未払い残業代回収ノウハウ】 無料メールマガジン登録
メールアドレス:
名前:
Powered By MTSプロ
【内容の一部】
・残業代を得る、4つの武器
・残業代の計算方法
・残業代請求に必要な書類
・内容証明郵便の書き方
このページをお気に入り・ブックマークに登録 ⇒  twitterでつぶやく ⇒ twitter

Copyright © 2010 未払い残業代請求・回収ナビ All rights reserved.